T:288 Y:1033 Total:04947452 Online:01

    Flashの組み込みプログラミング講座

「AmebaKING」アメブロ売上倍増&アクセスアップの多機能ツール

2012/2/11

なぜ文章を考え抜いたらアフィリエイトの成果に繋がらないのか カテゴリー 徒然ぶろぐ

アメブロ連携 Link 記事

このような記事ネタは、いずれまたネットビジネス大講座 Link にて扱うんですが、事前に小出ししています。

さて何故、アフィリエイトで文章を書くなと言わんばかりのことをいっているとおもいますか?

そもそも、カリスマの時代:1次アフィリエイトブーム時代から、いままで、教材をみると、隙間なキーワードを探して、記事を書くというようなことを言っています。
記事というのはホームページにしてもブログにしても文章ですよね。

で、あえて私は、初心者の方には文章を無理に書くことをお勧めしません。

なぜか?


簡単です、初心者がアフィリエイトの記事を書くと、説得めいていて売り込みの文章になるからです。
どんなに気の利いたキャッチコピーを見つけても、文章が売り込みではねえ。

あなたがお客さんになって考えても見てください。た・と・え・ば・・・

貴方は、掃除機を買いたいと考えていて、欲しい機種も大体決めているとします。
そのときあなたは電気店:ヨドバシかビックカメラか・・・に行きます。

で、あなたが実際に掃除機を買ってかえる時はどんな時ですか?

店の店員に、あれこれ、おすすめの機種を勧められたとき買いますか?

買わないですよねえ。

多分買うというときは、貴方の欲しい機種について、貴方が考えているようなことを肯定されたとき、つまり、あなたの気持ちを後押ししてくれたときだけ
買ってかえるでしょう?

あなたが女性で、アクセサリを探しています。
パールのネックレスが欲しいなとおもっているときに、あなたにブレスレットを勧める店員から買いますか?

売れる店員はこうです。
あなたがネックレスを見ている様子を見逃しません。

そうして、あなたにさりげなく近づき、お客様のきているようなタートルのセーターと合わせると、映えますよね。というのです。

そうです。あなたが着ているものにアクセサリを合わせるというのが、購入時の行動心理だからです。
この心理から外れた言動で近づいても、拒絶されるだけだからです。

さて、ブログの文章で、間違い店員のようなことを書けば、当然ですが購入する心理は働きませんよね。

ましてや、ネットの場合、お客さんは目の前にいて心や行動を知ることができないのですから。

だったら、文章を書かずに、アフィリエイトしたいものについて、徹底的に、メリット・デメリットを述べるべきです。

デメリットが先でメリットをあとに書くと障害を超え易いことをおぼえておきましょう。マイナス・プラス法といいますが。笑

くれぐれも売り込み文章を書かないようにしましょうね

― posted by i2lab at 12:12 am pingTrackBack [0]

この記事に対するコメントは締め切られています





Top! Top!
blog seo tool : track word blog SEO tool
[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。