T:222 Y:297 Total:04948129 Online:01

    Flashの組み込みプログラミング講座

「AmebaKING」アメブロ売上倍増&アクセスアップの多機能ツール

2011/5/29

ほとほと疲れる政争ぶり カテゴリー 徒然ぶろぐ

Myアメーバーから転載します。

今朝のTVを見ましたがね、いや疲れますな。

原発の海水注入劇のどうのこうの。。。




それ、今大事なことですか・・・

国のTOPのアホ発言ぶりもそうですがね。一見するといいこと言うなと思いそうですけどね、原発に発電の大半を占める国々から見ると、やってみんしゃい程度ですよね。




世界は、日本が事故を起こした責任のとり方をサミットで期待していたでしょうにね。チェルノブイリに続いて日本が世界の教科書になる覚悟と、情報の透明性、世界への貢献を歌うべきだったでしょう。オイラでもそう言いたい。




でもね、それはすべて、原発の危険性の収束の次だというべきですな。たぶん世界もそう見ている。まずは、世界でも初めて原発事故を短期間で安定させた国になることを期待しているはず。




それをあーた、海水注入がどうしたこうしたって、ワラうわ。




10万人規模の人が被災状態の上に、忘れられていますが、失業によって収入が何年もないような人も各地にあふれている。ある意味被災以上に深刻な人がいるのが現状なのにね(義援金で救われないし・・)。




それらの解決なしに、責任がどうのいってもと思いますな。政争しているような状況ですかね。不信任案のかわりに出すべきアイデアが野党にないことも気になるし。イライラしますな。




それよりもっと気になるのは、民放報道番組キャスターのスクープ主義というか・・なんというか・・・結局報道が悪いのかもしれません。

民主党の若手議員からなんとか番組中に爆弾発言を引き出そうという姿勢は報道にあるまじき姿。そんなことしか報道番組を作ることができないのかねと言いたい。悪しき視聴率主義ですな。




それにしても、今の与党も駄目、野党第一党も駄目。

どうすんの?

小泉さんに出てきてもらうしかないのかねぇ。・・・

― posted by i2lab at 11:11 am pingTrackBack [0]

この記事に対するコメントは締め切られています





Top! Top!
blog seo tool : track word blog SEO tool
[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。