T:219 Y:297 Total:04948126 Online:01

    Flashの組み込みプログラミング講座

「AmebaKING」アメブロ売上倍増&アクセスアップの多機能ツール

2006/1/23

ホリエモン騒動の真実はいずこ カテゴリー 徒然ぶろぐ

ホリエモン騒動も山場という感がありますね。マスコミなどの報道を見ていると、加熱気味ですね。とくに、奥様の時間帯(悪口ではないですよ)の番組のキャスターというのは人気の芸能人がおおくて、報道の専門家ではないしその方が面白い番組構成でもあって結構、個人的意見でのコメントが多いですよね。

でもそれがそのまま、お茶の間の世相になるわけなんだなと、ちょっと怖い思いをしています。^^;

怖いのは、マスコミも、自民党も、そして個人の投資をされた方も、またはミーハーで一緒に写真なんか撮ったくらいにしてという方(笑)も、みんな手のひらを返したように一斉にバッシングに走っているということです。

今回の問題の審議や株に関する考え方の是非はともかくとして、あれだけ持ち上げておいた方々はいったい何を見てそうしたんだろうという疑問を持ってしまうのです。


株にいたっては、ライブドアの成長性に投資したのではないのでしょうか。だったら企業としての業務内容で株を動かすのならともかく、皆が売りだから自分も売るというのでは怖いことだなと感じます。ライブドアの未来にかけたのではなくて、単純にお金になるからという理由だったのね・・・と。
だったら、ホリエモンをバッシングする理由もそこにはないのではないかなんて思う次第。最後まで自分の投資を信じないのでしょうかねぇ。

まあ、あくまで個人の意見ですけどね。
(個人的には、株には手をださないのでどうもないことなんです。笑)

マスコミにいたっては一番問題でしょう。わからぬではないですがそれが、株式に影響を与えたんでしょうよと思ってしまいます。なにがというと、ライブドアや楽天によるTV局の買収劇の中で、面白いコンテンツはこれからはIT業界が云々とあったことでしょう。

いわば、既存の専門分野の方々に挑戦状の形だったわけですから。
ぜんぜん関係ない問題の部分で「それ見たか」的な、よってたかってのバッシングというのは一種の「見苦しさ」と感じてしまうのです。某局の、損害賠償するぞという報道というのも、なんだか復習するぞ〜的に感じるのは私だけ?

まあ、だからなんだってことではあるのですが。笑

私としては、こんな危機状態の中で病気になって入院するとか、ホテルに引きこもってしまうというよくある話とは違い、毎日出社して強気の経営を続けんとしている、そのなんというか姿勢はほめたい気がしますね。

今回の問題の本質ではないですけどね。(<-こちらは個人的には問題もないし。^^;)


こちらもぜんぜん関係ないPRですが・・・笑
----
韓流映画なら、あまぞん☆らっしゅで

404 File Not Found

Link

北海道の旬の食材は北海道シーオージェイピー
から簡単にお買い求めできます。^^;

Link

― posted by admin at 12:56 pm pingTrackBack [0]

この記事に対するコメントは締め切られています





Top! Top!
blog seo tool : track word blog SEO tool
[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。