T:073 Y:1157 Total:04942501 Online:01

    Flashの組み込みプログラミング講座

「AmebaKING」アメブロ売上倍増&アクセスアップの多機能ツール

2005/7/14

線香花火 カテゴリー 徒然ぶろぐ

一時は、職人不足により生産が中止された国産の線香花火 Link が、雄志の手によって復活されたというニュースが流れていました。ニュースは、秋田の横田市で職人による復活の話でした。

秋田の横田市は線香花火大会で有名ですね。

少々ネットで調べたら、全国でも少しづつは復活をしていたんですね。何年も前に福岡での生産を最後に途絶えていたとばかり思っていました。

いいですね、日本の線香花火 Link

安く流通しているのは中国産の花火ですよね。線香花火に限らずちょっとしたものは殆ど中国製といわれています。

品質云々ではありません。中国も花火の歴史は日本以上に古いのですからね。

その考え方がちがうと思います。中国製の線香花火は、火を着けたときの火玉のおおきさがまず小さいのです。その火玉からでる閃光の大きさもちいさい。
日本のモノは、火打ち石と合わせる鉄の純度がちがったのでしょう。この鉄が熱せられて閃光を放ちながら、飛び散るときの軌跡の美しさがちがうわけです。
もっと読む»

― posted by i2lab at 05:34 pm

この記事に対するコメントは締め切られています





Top! Top!
blog seo tool : track word blog SEO tool
[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。