T:007 Y:115 Total:04521082 Online:01

    Flashの組み込みプログラミング講座

「AmebaKING」アメブロ売上倍増&アクセスアップの多機能ツール

2005/2/16

不思議な事件が多いですねぇ カテゴリー その他

17歳の男の子が、自分の出身校に侵入?して刺身包丁で3人の教諭をさして1人の熱血先生を死亡させた事件はなんとも不思議ですねぇ。
事件の最中のことは良く覚えていない・・らしいですし、小学生時代にいじめがあってそれが原因のような発言をしているようですが、それも前後関係があやふやなんだそうですし。うーん;

でも・・普通じゃないのは確かですね。普通の健康な精神であれば、人を死亡させるような考えを仮に頭で考えたとしても、「我慢」が身についていればそういう考えに打ち勝つはずですよね。
それが、恐ろしさとか、不安というような感情表現であっても、普通は自分の考えに勝てるんですけどねえ。

北海道でも、国立の工大3年生がコンビニ強盗を犯して捕まった事件がつい先日ありました。原因は、パチンコでサラ金に数百万の借金があったためとか・・・

これもねぇ・・普通ならそこまで借金してまでパチンコがしたいという欲求に勝てないと。やはり工大まで行った学生にしても「我慢」という人の基本仕様?が身についていないことが原因ですよねぇ。
うーん、身についていないというか、未成長とでも言いますか・・知識先行で考える力を含めた強さが未発達なんでしょう。

さかのぼって考えていけば、小学校から中学校時代のあいだに身に付かなければいけないことだと思いますね。でも、学校でも家庭でも、いわゆる「ガ・マ・ン」を教えるような環境ではなくなっているのでしょう。最近の理想は、友達のような親子関係だと聴いたことがありますが、それっていいのかなぁ・・

高校を卒業以降の学生に接することが多いのですけど、もう、親でもどうもならないし、親も無関心ということ多いです。小中生のころは結構、教育?熱心な親だったと学生から聞くこともあるんですけどね。この年代の学生の親との相談で、よく聞かされる決まり文句があるんですが・・「うちの子に限って・・」です。

― posted by admin at 01:27 pm pingTrackBack [0]

この記事に対するコメントは締め切られています





Top! Top!
blog seo tool : track word blog SEO tool
[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。