T:289 Y:255 Total:04944377 Online:01

    Flashの組み込みプログラミング講座

「AmebaKING」アメブロ売上倍増&アクセスアップの多機能ツール

2004/12/28

仕事納めの大掃除 カテゴリー 徒然ぶろぐ

皆様も職場の大掃除の真っ最中かもしれませんね。午前中仕事でこれからという方も。サービス業などの方々はこれからが勝負ですね(って見てないって。笑)。頑張ってください。

普段仕事で使っているマシンの掃除をしてみると、禁煙なのでヤニ汚れはないですが、ファンの周りにものすごいホコリがついています。これから掃除される方は掃除機で吸い込まない方がいいですよ。とくに、カバーを空けてマザーのホコリなどは決して掃除機では吸い込んではいけません。

何故って? 空気の摩擦は意外に強い静電気を発生させるので電子回路には悪いのが一つ。もう一つは、マザーボード類には、ジャンパーピンがあるものがいまだに多いのですが、それを吸い込んでしまう可能性があるからですね。

静電気の起こりにくい、ハケや筆などで丹念に取りましょう。静電防止スプレーをしたブラシで取ってもいいですね。熱を帯びやすい部品、たとえばCPU周りや、ハードディスク周辺、電源周辺などに、黒くなったホコリがあったら必ずとりましょう。

熱で徐々に炭化したり、湿気を帯びてリークしたりという事故も確立は低いですが事例的にはあるそうですよ。とくに、マシンの前後左右にスペースを全く持っていないような環境で使われている方は要注意。

電源ファン周りや、CPUファン、排熱ファンのホコリを取るだけでかなり排熱効率が上がります。頻繁に熱暴走を起こすと嘆いているあなた。試されてはいかがでしょう。3〜5度違うだけで暴走しなくなりますよ。

Windowsのせいにしていた方も一度試されてはいかがでしょう。とくに、最近のマシンのように音頭(温度)管理でファンを回すような、ハイカラ(笑)な機能なんかつけてないよという方どうですか。

掃除の話がすっかり、マシンメンテになってしまいましたが、1年に一度くらいはお世話になっているマシンの世話もしてあげると中のパーツも長持ちしますしね。
いかがでしょうか?

職場の大掃除ですっかり疲れ果ててしまいましたが、これから家の大掃除も待ってますね。私は今日やると手抜きになるので、明日からですかねえ。笑

頑張りましょう。:P

Amazletで検索 Link

― posted by admin at 12:15 pm pingTrackBack [0]

この記事に対するコメントは締め切られています





Top! Top!
blog seo tool : track word blog SEO tool
[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。