T:060 Y:191 Total:04502519 Online:01

    Flashの組み込みプログラミング講座

「AmebaKING」アメブロ売上倍増&アクセスアップの多機能ツール

2013/2/15

教材は無料!? 賢者の知恵という情報教材 カテゴリー 徒然ぶろぐ

まだ未発売だが、試験段階にあるCAIシステム

ポータルネットアイツー(http://i2lab.net/ Link )より 

クローズアップニュース:賢者の知恵という講座

正式には、札幌大通り大学@SCR工房というCAIシステムのアフィリエイト大講座という。



情報教材という分野のものだが、今までの教材とは全く異なるのは、すべての教材(製品として出ているものを除く)が無償で公開されていることだ。それでは製品にならないのでは? という疑問がもっともなのだが、学校システムにおいてはそうではないという。



つまりその理由はこうだ。
学校においては、教材のテキスト部分は市販されている教科書であり学生は、講義に関係なく、あるいは事前にその本を入手して読むことができる。ところがいままでの情報商材や教材といったものはそれがかなわなかった。塾といわれているものでもそうだ。つまり塾といわれているものは学校とは根本的に違う。似て非なるものだという。



では、学校のようなものにするメリットはなにか、学校では、リアルな授業が計画されたカリキュラムに沿っておこなわれ、理解を補助する役割として先生に当たる人物がいて、リアルタイムあるいはリサーチ後に学生の疑問をクリアにする。したがって学生が理解しようとする限りその疑問を解決しようとしてくれる。
ある意味完璧なサポートといえるはずという。



つまり、この教材はサポートが主たる目的であるので、教材はあくまでもカリキュラムの一部というわけで、しかもすべて事前に見ることが可能なのも学校と同じというわけなのだ。



ここのところ、フリーというのが去年あたりからのトレンドになっているが、真にフリーかというとそうでもない。教材のマニュアルにあたるものは、フリーのものと購入すべきものが分かれている。つまりはサポートというのはある意味なく、有料のものを購入すべきであるという壮大な広告システムに組み込むためのものであった。



賢者の知恵では、教材は無料で確認できるのでまず教材を見て、気に入れば、サポートを有料で受けてくださいというスタンスなので、はっきりしている。
作者の氏は、教材を見て、サポートを受けなくても効果があるようには作ったので、教材だけを自由にみて効果を上げてくれても結果的には、この賢者の知恵の評判にはプラスなのだから良いと考えているようだ。



他の教材を買う前に、いちど賢者の知恵を見てみたらというのが行動の基準になると面白いと笑う。



賢者の知恵は、実はまだ発売されていない(2013年2月現在)、現在は検証と、被災地でネットビジネスをはじめたいという人がいれば無償で提供する期間にしているという。発売はその後でということらしい。その間に追加の教材をアップするという。



現在教材はほとんど動画教材であり、200本近くすでにアップしてあるというが、数がありすぎてわからないのも困るので、どのように利用していけばいいのかという基本部分と、その後に見てもらうアフィリエイトのテンプレートという部分で構成しているそうだ。他の数多くの動画は辞書的に使えるという。
CAIのユーザーである限りいつでも見ることができるようになっている。またシステムの障害のときのことも考えて、動画は基本的に安定しているユーチューブにアップし、サイトは補助的な賢者の知恵公式ブログからも同じ登録キーでアクセスできるようになっている。



自分で将来のために稼ぐをマスターしたい人の多い昨今、このようなシステムは出てくるべくして出てきたといえる。こんな教材業界初だというが、ある意味、なければおかしいものであったと言えよう。



― posted by i2lab at 04:06 pm pingTrackBack [0]

この記事に対するコメントは締め切られています





Top! Top!
blog seo tool : track word blog SEO tool
[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。