T:192 Y:5368 Total:07700756 Online:01

    Flashの組み込みプログラミング講座

「AmebaKING」アメブロ売上倍増&アクセスアップの多機能ツール

2012/3/11

第10回 アフィリエイトの成功とは(講座記事) カテゴリー 徒然ぶろぐ

マイアメブロの記事から

講座を最初から読む? Link

アフィリエイトで成功を納め生計が立っている人というのは、確かにいます。
案外多いものです。とはいえ、アフィリエイトをする人の90%以上は、月5000円も儲かっていないのは事実ですね。

どうしてこの90%(現在は70%位だと言いますが)がいつもどおりの数値かといえば、それだけアフィリエイトは儲からないと考えてはなれる人がいて、インターネット代やお小遣い程度と思い始める人が多い部分だということです。

さてここからがポイントですが・・・
アフィリエイトで生計が立つ人らの殆どが経験をしていることに、儲からない期間があったということが挙げられます。

その間をどちらかといえば、精神的に乗り越えられる人だけが最初の壁を破り、月に自分の目標まで稼げるようになっています。
実に、この赤の部分が大事な点です。

アフィリエイトを止めてしまう人が思う事に、こんなだったらリーマンしているほうが確実だぜ。と思ってしまい、リーマンとアフィリエイターの違いが全く理解できていない特徴がでているのでした。

さてそれは何かと言うと、リーマンは、固定給ですよね。年に一度は数パーセントの昇級はあるものの。
アフィリエイターは、何の保証もありません。(これが世の中のあたりまえなんですが)
えー、それならやっぱり、リーマンがいいじゃん。
と思いますか?  そう・・・・思うかどうかですよね.

実は、会社員が何故良いのかというのは、今までそう教えられてきているからです。良い会社に入れば、良い固定給がもらえる。そう教えられてきましたよね。社会から。でもその神話は今ではくずれていますけどね。
さてこの考えは、あることと引き換え条件なのです。経営者にとっては、とても迷惑な感覚です。それは、給与が、個人の時間との引き換えのような感覚になっていて、会社にはいれば給与が保証されているような感覚に陥ることです。実は、会社の構成員たる独りは、自分の給与を確保するための仕事と引き換えに給与をもらうのですが、間違った感覚だと、時間を適当に費やせば、1月の給与になる。と思いがちなのです。偉そうに書いている私自身がそういう時期がありました。でもそういう感覚は、自分で起業すると吹っ飛びます。経営者にとって、社員とはなんなのかが解りだすのです。
会社の限界というものの存在を感じると殆どの経営者が言います。

そういうものから脱却するには、個人で立つしかありません。さて、アフィリエイトなどネットビジネスは誰にでも門戸が開いており、簡単でもあるのですがそのメリットがあまり理解されていませんね。
月に5000円を稼げない人が、5000円を確実に稼げるようになったらどうなるかをお教えします。
時間はかかったが、月5000円は確実にネットで稼ぐ方法が解った。(体得した)では、それが月100万へステップアップするのはあり得るでしょうか。
リーマンならあり得ません、どんなに頑張っても月数十万の給与が100万になるには、それだけの時間か、チャンスを得なければなりません。
アフィリエイトの場合、5000円の方法は1万円の方法へ繋がります。
1万円の方法は100万円の方法へ簡単に繋がると言います。
そうです、アフィリエイターの場合上限がないのでした。

この点が、リーマンとアフィリエイターの大きな違いです。

つまり、リーマンになれば、月の給与は固定ながらよほどの事が無い限り、経営者の悩みとはいえ、得られるでしょうがそれが100万円には簡単にならないということです。
がアフィリエイターは、月5000円、いいえ1円でも稼ぐ方法が体得できれば、それが100万になる可能性はものすごく大きいと言えますが、殆どの人があきらめる事実に、その最初がでてそれが確実になるのに時間がかかるということなのでした。

さて、貴方はまだ、簡単にアフィリエイト収入が得られると考えますか?
そして、それならリーマンのほうがいいやと、諦めますか?耳


前の記事  次の記事

― posted by i2lab at 12:36 am pingTrackBack [0]

この記事に対するコメントは締め切られています





Top! Top!
blog seo tool : track word blog SEO tool
[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。