T:014 Y:1157 Total:04942442 Online:02

    Flashの組み込みプログラミング講座

「AmebaKING」アメブロ売上倍増&アクセスアップの多機能ツール

2006/2/10

いくら科学しても試着なしには。 カテゴリー 徒然ぶろぐ

私も含めて男性にはなかなかわからない世界ですが、じつはかなり科学している分野に、女性のアンダーウエア(ランジェリィ)があり、やはり男性にはほとんどないのが試着して購入というステップですね。男性は3枚でいくらって感覚の人が多いので、女性のランジェリーにかけるものがわからなかったりしますよね。旦那様の不用意な一言が悲しい思いを生むことさえもあるようです。

どんなだって? ううむ・・ 大体多いのは自分のことがあるので「下着にそんなにお金をかけて・・・云々」ではないですか? 「なんで試着する必要が・・」なんてのもあるかも。

近年あたりまえなのが、補正下着ですね。これ男性にもあっても良いかななんて思います。
だってねぇ、奥様のことを結構酷評するわりには、自分のお腹のことは忘れていたりですよね。笑 ですから、補正ってなんなのかを知るには自分で身に付けるのが一番だからです。^^;

補正とは、問題のある体系部分を良く見せるためのものではなく、自然と体系をもともとの上値に、要するに「補正」していくのです。要するに、肉体改造というわけですから。
これが科学でなくてなんでしょう?

男性諸氏の、ビールっ腹? も補正したらわかるでしょう。お腹が凹んで、10年くらい体系が戻るとなんだか若返ったように感じますからね。

補正下着なのに自分の体にフィッティングしないのでは、それこそ逆効果なのだそうですよ。
あくまで現在から、理想の体系(若い頃の?)に戻していくのですから。


ひょんなことから、以下の内容を知ったのですが、ランジェリィの話題はなかなか上げられませんですからね。(男性としてはです)

インターネットアンケート
「好感のもてるホームページ」「この補正下着だったら着てみたい」
それぞれの部門で日本一の座を獲得しました!
ラセート Link

興味のある方は、あとはご自分でHPを確認してみてください。^^;

― posted by admin at 01:02 am pingTrackBack [0]

この記事に対するコメントは締め切られています





Top! Top!
blog seo tool : track word blog SEO tool
[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。