T:356 Y:1033 Total:04947520 Online:02

    Flashの組み込みプログラミング講座

「AmebaKING」アメブロ売上倍増&アクセスアップの多機能ツール

2005/10/19

リンクの評価の誤解 カテゴリー 徒然ぶろぐ

最近、相互リンクサイトなどでよく見られるのは、TOPページにリンクを条件にするところが増えていることですね。

これはなぜかというと、Googleのランキングの特許の内容が影響しているようです。
どういうものかというと、TOPページの名度が一番SEO上効果があるのですが、以前のように被リンクの数ではなく、TOPページ上部から100リンクを評価するというものです。

それで解ったのですが、SEOを期待してか、TOPページの一部にやたらと細かくリンクを作っているサイトやブログがありますね。そうだったですか・・とわかりました。

ですが、これが誤解であることをgoogle自身の説明の中に書かれています。

どういうものかというと、必ずしもTOPである必要はないということです。
評価のポイントとして、100リンク程度が理想なのはそのとおりらしいのですが(でもこれブログだとマイナスですよね〜内部リンクがそれでなくても多いのに)、それを超える場合には別ページを作成しても正しくクローラーは見るというものです。

この件に関しては、すでにSEO情報を流しているサイトなどでも話題になっています。

ということは、TOPページをリンクの塊で醜くする必要はないということですね♪

ほほう〜という方は、ページビューにクリックを Link

アクセスアップお役立ち情報なら。>> Link

― posted by admin at 11:45 pm pingTrackBack [0]

この記事に対するコメントは締め切られています





Top! Top!
blog seo tool : track word blog SEO tool
[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。