T:106 Y:854 Total:05029129 Online:01

    Flashの組み込みプログラミング講座

「AmebaKING」アメブロ売上倍増&アクセスアップの多機能ツール

2005/8/24

駒苫ナインよ、がんばっていきまっしょい! カテゴリー 徒然ぶろぐ

駒大付属 苫小牧高校野球部の不祥事ということで、マスコミ各位の報道が熱を帯びています。
どうも、彼らの優勝を剥奪するような動きを助長しているようで残念でなりません。
決して、同じ北海道のものだから、かばうわけでもありませんよ。

そもそも、被害と加害で言えば、彼ら選手のほうが被害者なわけですよね。
そういうことがあっても、彼らは頑張って甲子園に行き、自分たちの手で優勝を勝ち取ったわけです。

彼らの北海道に帰ってからの、何人かのインタビューを見ましたが、しっかりとした考えかたや、礼儀、そういうものを学校、監督、そして何より厳しいことをお互いに確かめ合いながら春の大会等の大敗から学び、自分たちを鍛えあってきた結果なのだと、そういうことを何人かが言っていました。

けっして、一瞬考えるようなとか戸惑いがあるような、誰かに言わされたようなコメントではなかったです。

選手でないというか、指導側の部長でしたっけ?
その指導上で、マスコミ的には暴力があったということなのですが、選手はそれとは関係ないところで、頑張り最高の目標のために頑張ってきたと感じます。

私が学生の頃の部活のなかでは、先輩後輩、監督先生との間で、礼儀がなかったり、だらだらとしていたりとかいろいろありましたが、今なら体罰騒ぎになるのかなぁと思うようなことがありますよ。でも、私は学生時代の先輩を問題視したり、先生を恨んだりはないし、むしろ活を入れてくれたものとして、当時受け止めていましたし、強いクラブにはそのようなことは伝統としてあると思うわけです。

日本を背負っている、オリンピック選手。たとえば、女子バレーであるとか、ソフトボールであるとか、練習風景の放映を見たことがある方も多いでしょう。
あの練習は、例えば平手打ち以上に厳しさを感じます。日本を背負うと、見る側もそれくらいしないと世界の壁を越えられないと思いますよね。

話を、彼らに戻しますけど・・・
もし、優勝を剥奪されたとして準優勝校が、優勝に繰り上がったとして、その高校の選手たちは喜ぶでしょうか? 余計なものを背負うような気がします。

駒苫ナインと対戦して、敗れた球児たちの思いはどうでしょうか?
駒苫との試合は無かったことに出来るのでしょうか。
紛れもなくかれらが負け、そしてつぎの試合を自分たちの分まで頑張って欲しいと託したその思いはいったいどこへ行くのでしょうか?

もし優勝が剥奪されるとしても・・
駒苫ナインよ、君らの優勝は重いと思う。形でなくなっても、全国の君らに敗れた高校球児の思いは一緒だと信じましょう。優勝したのは君らだと。

高野連の誰かが見ていらっしゃったら、以上の考えをもつ方々が全国にいることを感じ取っていただきたい。
問題は選手ではないと考えます。

同じ考えの方がいらっしゃったら、以上の問題へのトラックバックなどいかがでしょうか?
「駒大苫小牧関連」トラックバック募集中 だそうです。
http://search.nifty.com/cs/trackback/search_trackback/30650521 Link

応援の掲示板もあります Link

― posted by admin at 11:48 pm pingTrackBack [0]

この記事に対するコメントは締め切られています





Top! Top!
blog seo tool : track word blog SEO tool
[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。