T:312 Y:1033 Total:04947476 Online:01

    Flashの組み込みプログラミング講座

「AmebaKING」アメブロ売上倍増&アクセスアップの多機能ツール

2005/3/18

竹島問題は永遠に カテゴリー 徒然ぶろぐ

島根県の竹島条例Gですか。その条例に反応して激しいデモを行う韓国のニュースがありましたね。
(この問題はデリケートですから、記事にするのも公平さが大事かも・・^^;)

デモの中で、日本をあらわす旗を燃やす部分がありましたが、その絵に気づかれましたか?
そう、総理大臣の絵ではありませんでした。サムライの絵です。
おそらくは「豊臣秀吉G」「加藤清正G」のどちらかでしょう。ううむ。・・

竹島という島は、かなり小さいらしいですね。大きさは日比谷公園程度とか。(違ったかな)
でも、それが領土となれば経済水域として200海里が広がるわけですから重要なエリアとなるわけです。
どちらかといえば、日本にとっては経済的な問題が大きいかもしれません。両国にとっても領土からはかなり離れている小さな島ですから、住域としての価値は薄いですしね。

では、韓国の皆さんにとって何が問題なのでしょう。現在では両国とも漁業技術の発達から、200海里内であろうとなかろうと、日本海(韓国名はわかりません)の資源は枯渇の危機ですから、経済水域にそれほどこだわる島ではないわけです。これは日本とっても同様に現在では言えるのかもしれませんね。

あとはもう、両国とも戦後のGHQの残した問題で行き違ったままきたのでプライドだけがのこったのかもしれません。正直そう感じます。
もっと読む»

― posted by admin at 07:06 pm pingTrackBack [0]

この記事に対するコメントは締め切られています





Top! Top!
blog seo tool : track word blog SEO tool
[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。