T:047 Y:182 Total:04518388 Online:01

[ カテゴリー » I2K-i2lab ]


    Flashの組み込みプログラミング講座

「AmebaKING」アメブロ売上倍増&アクセスアップの多機能ツール

2011/8/16

Googleのモトローラ買収でなにが変わるのか カテゴリー I2K-i2lab

ある程度は予想していましたが、モトローラとは意外でした。
これで予想どおり、スマートフォン元年になるのはまちがいないですね。
でもこれでは益々日本のキャリア(家電メーカー)は益々ガラパゴスマホです。

ただ、日本のキャリアやモバイルハードメーカーが買収されなかっただけでも良かったというもんです。
Googleというのは、常に元栓を握りたい会社ですからね、水道を引かれておいてダムの元栓を閉められたくないですよねぇ。
いまの検索と広告はまさにそういうことですね。
ある日突然、検索は有料にすると言われたらどうしますか?  この話はあまあいいですが。笑

Googleは、スマートフォンのソフトウエア(Android)を無料で配布(オープンソース)している企業です。オープンソース故に研究されます。
日本製のAndroid携帯が、またガラパゴス化しそうなのはその為です。
他社、他機種と差別化しようとして、益々孤立化(世界から)しているのです。本来なら逆にアノニマス化すべきです(企業間の都合をこえて標準かすべき)。
欧米のように、数社で占めていると無意味な差別化は起こらない訳です。

いままでGoogleは、どんなモバイルのハードにでも対応出来るようにソフトウエアを開発していたのが将来メリットにはならないと判断していたのでしょう。
どうしてもハードウエア部門が必要だったということです。ついでにモバイルに関する特許も手に入れたかったのですね。
モトローラは米国でも1位のモバイルのTOPメーカーです。アップルよりも歴史が長い分特許も多い。

もうひとつ重要な意味は、以前のアップルのパソコンのCPUはモトローラが供給していたのです。今回モトローラを買収するということは、アップルに宣戦布告したのと同じなのです。
つまり世界のスマートフォン市場は、アップルとGoogleで2分される。
そういう図式になるでしょう。

ハードウエアとスマートフォン、企画という点ではアップルが有利ですが。
インターネットの親和性、サービスではGoogleが有利です。

こうなると、Appleがどう動くかですが、日本が重要な位置に来ます。
ガラパゴスしている場合じゃないですね。今Appleのスマホは1社としか契約していませんが、そのままとは思えませんね。
AUやNTTと組んだ方がと考えるかもしれません。私見ですがね。

Flashを全面解禁するかもしれません。アドビと昔のように組んだ方が有利と考えるでしょう。解禁すれば、世界中のクリエイターはAppleに向きますね。
Adobeとしても、HTML5、CSS3をFlashに取り込む意味が出てきます。

Googleのライバルは少し前までYahooでした。日本ではソフトバンクとAppleが近づいたですがね。そのYahooは今や検索の供給をGoogleから受けています。もうYahooはGoogleの的ではないということですね。
そうでないならYahooを買収しても良かったわけですから。

こういう条件で考えると、少しAppleに頑張ってもらいたいですね。AdobeがAppleを超えるなどと心配する前にGoogleの世界にならないようにしなくてはなりません。

元栓を握られないように。

元栓とはインターネットでは、経済を握るのと同じなのですから。

― posted by i2lab at 07:36 am pingTrackBack [0]

この記事に対するコメントは締め切られています





Top! Top!
blog seo tool : track word blog SEO tool
[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。